教員紹介

教員紹介

大沼 憲昭

Ohnuma Noriaki 担当:芸術学部/造形学科 造形基礎実習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ、造形専門実習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ、作品研究Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ,Ⅶ、卒業制作 現代作家論 1954年 石川県金沢市生まれ 学士

略歴

研究テーマ: 日本画表現の源泉となる東洋思想と仏教思想から、描く対象となるものの在り方を探求。

 
2010
個展-いのちの韻- (高島屋・京都/大阪/東京)
個展「扇窓画」-そら・つち・みず- (ギャラリー恵風)

2009
観○光「日本の美とこころ」
(同10、11、12二条城二ノ丸御殿、泉涌寺)

2008
個展 (松坂屋 名古屋)

2007
個展-命煌く-(大丸・大阪/京都)

2006
第6回工筆画大展(招待・中国美術館) 個展 -生あるものへ-
 (大和・石川/富山/新潟)

2004
日本画「京の今日」展(京都文化博物館)

2002
個展 -とこしえに生きるものたち- 高島屋(東京/京都/大阪)

1998
第1回NEXT展(07年まで毎年出品)(京都高島屋グランドホール)

1993
現代京都の美術工芸展(京都文化博物館)      

1992
いのち賛歌日本画100人展(京都府主催)
両洋の眼「現代の絵画」展(93,95,96)

1991
京都画壇日本画秀作展(同92)

1990
菅楯彦大賞展(倉吉博物館) 京都新聞日本画賞展優秀賞
(同91,92大賞94招待)

1989
京都日本画新鋭選抜展奨励賞(94も受賞)

1988
日本画の裸婦展 (埼玉県立近代美術館)

1986
石川県作家選抜展(同92)(県立美術館)
青垣2001年日本画家選抜展、

1985
京都美術選抜展(同86,89,91,98,00,02)

1981
山種美術館賞「今日の日本画」展
(同,87,89,91,98招待出品)

1976
パンリアル美術協会展
(春・秋93年退会)(京都市美術館)
第1回個展(以後20回)(ギャラリー射手座)
京都日本画総合展(京都府立資料館)

1975
京展(同,76) (京都市美術館)
京都府日本画新人展(府立文化芸術会館)

その他 グループ展,等多数

 

メッセージ: 
日本画の特色は、視覚的に非科学的であり非合理的なものである。然るに最も肝要となるのは、自身の心眼でしっかりと対象と対峙し、写意を以てそのものの本質を探り把握することにある。

黒龍 縦182.0cm×横430.8cm 2012年
ページトップへ