工房日誌

2013.05.07

滋賀県金剛寺天井画制作プロジェクト進行報告

5月6日月曜日古画研究工房学生、大学院1回生、そして「琴部」、「竹造」代表者とで、金剛寺に第4回打ち合わせと天井板を頂きにあがりました。このプロジェクトは天井画を古画研究工房学生が制作するだけでなく、地域や門徒の方々にも描いて貰おうというプロジェクトとして始まりました。そこでどうせワークショップをするなら他のイベントも一緒にやろうということになり、本学のサークル「竹造」や「琴部」の協力も得て、いくつかのイベントを開催することになりました。大学院生は「芸術応用プロジェクト」という大学院の展開科目の授業として、このプロジェクトに参加をして、広報を担当します。

DSCN1358 DSCN1354

金剛寺本堂              住職との打ち合わせ風景

DSCN1363 DSCN1364

プロジェクト参加メンバー顔合わせ   実行委員会会議風景

下絵

天井画下絵

 

ページトップへ