分野について

工房紹介

伝統の技法や美意識を受け継ぎ、新たな表現を創造しよう。

日本人特有の美意識を深く理解し、先人から受け継がれてきた画材や技法など伝統的な画法を学ぶ日本画分野、「日本画制作」「古画研究」にわかれ伝統が色濃く残る地で、固有の美世界を追求します。

教育目標

写生を通して対象の本質を見極める力を養い、制作過程で習得する伝統技法、画法から日本人特有の美意識を深く理解し、多様で新しい表現を追求する。
学びの中で得た知識と体感した事柄を精査し、表現と思索を通して社会人として足り得る人間力の育成を図る。
制作を通して、創造する喜びと、生き得る意味から苦楽を理解、感受して自己を見つめ直し、学びの重要性を確認する。

2年次

日本画の基礎は、前期では一回生の成績と本授業最初の共通課題及び面談で、現時点での到達度を個別に判断し基礎力養成クラスと表現研究クラスの2クラスを編成します。
基礎力表現クラスでは描写力向上と観察力を身につけます。
表現研究クラスでは写生の幅を広げながら、制作のための写生の有り様を考え、
日本画制作に結びつけていきます。また日本画や中国画の伝統的技法を学ぶための「模写」は両クラス共通で行います。
後期からは、写生による新しい日本画表現の追求(日本画制作)、模写による古典作品の研究(古画研究)の二つの工房に分かれます。

卒業後の展望

多くの卒業生が創作・文化財保存修理の現場で活躍しています。
作家活動を続ける人、大学院に進学する人、教員や学芸員など。また、修復技術者として古典絵画の修復にあたる人、国宝をはじめとする社寺仏閣の模写事業、建造物彩色にも多数従事しています。
日本画家/模写制作者/保存修復技術者/学校教員/学芸員/大学院進学/
アニメーター/漫画家/デザイナー/等
ページトップへ